2013年06月29日

新宿・京王百貨店の、ユーハイム「フランクフルタークランツ」


所狭しとお店が並ぶ、京王百貨店のお菓子売り場。
そこで、真っ白い王冠のような、
ユーハイムの「フランクフルタークランツ」を見つけました。



temiyage0125.JPG



大きいものから小さいものまでそろっていて、
お値段もとっても手頃。
一番小さなサイズを買って、
おうちでさっそく切り分けてみました。

白いクリームは、最近ではめずらしいバタークリーム。
さっくりふんわりしたスポンジを3段重ねにし、
あいだと周りをクリームで覆っています。



temiyage0126.JPG



軽い味わいで、食べやすい。
ケーキの上にまぶしてあるアーモンドシュガーが
シャリシャリと舌に感じられ、
ほのかに酸味とともにアクセントになっています。

少しだけパサつく感じがしますが、
それゆえ常温保存ができるお菓子。
気軽に食べられるケーキでした。



ユーハイム




ラベル:ケーキ
posted by ぽぽんが at 22:20| 東京 ☀| Comment(0) | 新宿・四谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

岩手の、回進堂「岩谷堂羊羹(ひとくち)」


temiyage0123.JPG


岩手からの手みやげ、岩谷堂羊羹。
箱の中には6種類12本の一口羊羹が並んでいます。

どれも丁寧に練ってつくっていて、かなりおいしい羊羹。
羊羹がそんなに好きでない私でも、
サイズが小さく、味がいろいろなので、楽しく食べられました。



temiyage0124.JPG



味は、本練り、塩、抹茶、黒糖、くるみ、ごま。
特におすすめだったのが、塩。
抹茶や黒糖も味わいが深く、じっくりおいしくいただきました。
羊羹だけに、小さくても持ち運びはそれなりの重量感。
でも、それだけのおいしさなので、
お茶請けや手みやげに喜ばれると思います。




ラベル:羊羹 あんこ
posted by ぽぽんが at 17:07| 東京 🌁| Comment(0) | 北海道・東北・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

岩手・盛岡の、丸藤「豆銀糖」


岩手からのお土産にいただきました。
素朴なパッケージの「豆銀糖」。



temiyage0121.JPG



包みを開けると、青豆色をした棹状のお菓子が一本。
どうやら、きな粉飴に似たお菓子のよう。
そのままかじるのかと思ったら、
6、7ミリ間隔で切れ目が入っていて、
指先だけで小さく割って食べられます。



temiyage0122.JPG



さて、
「ポクッ」と割って、ほうばってみると、
けっこう歯ごたえがあり、でも、やわらかく、
噛んでいるうちに青豆の香りととろける甘さが広がります。
面白いのが、独特のシャリ感。
「シャリ、シャリ、とろ〜ん」とした食感がなんとも言えず、
ついつい手が出てしまいます。

裏面の原材料を見ると、青豆粉と砂糖と水飴のみ。
くださった人の話では、岩手に古くからあるお菓子とか。
素朴さがかえって新しい、美味しいお菓子でした。






ラベル:青豆
posted by ぽぽんが at 22:42| 東京 ☀| Comment(0) | 北海道・東北・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。