2013年11月30日

ベルンの「ミルフィユ」


temiyage0225.JPG


知人に頂きました。
ベルンの「ミルフィユ」の詰め合わせ。


temiyage0226.JPG


箱を開けると、お花畑のようにきれいな色のミルフィユが8個。
お味は3種で、ミルクチョコレート、スイートチョコレート、ヘーゼルナッツチョコレート。
どれも、パイとクリームを重ね合わせ、チョコレートでコーティングした、
とても凝ったお菓子です。



temiyage0227.JPG


まずは、ミルクチョコレート。
優しい甘さの中にサクサク感とこっくりした食感があって美味しい。
軽いお菓子のようなイメージがありますが、
パイとクリームがぎっしり詰まっているので、けっこうな重量感。
長さも10cmくらいあるので、食べごたえがあります。

スイートチョコレートはビターに近いチョコレートで、
オーソドックスな味わい。
中のパイとクリームの美味しさを一番クリアに感じられるお味。

そしてヘーゼルナッツは、甘さの中にナッツ独特の塩気があり、
日本的なセンスを感じるおいしさ。一番好きかも。

ベルンのミルフィユって、1965年には誕生したらしく、
長い歴史があるそう。
いままで随分試行錯誤を繰り返したんだろうな。そんな努力が感じられる、
おいしさでした。
ごちそうさま。





posted by ぽぽんが at 21:58| 東京 ☀| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

新宿高島屋の銘菓百選、元祖阿わび屋大原老舗「松露饅頭」



新宿高島屋の和菓子コーナーが気に入ってしまって、
ここのところ通い詰めですが =^^=
今回は佐賀の名物「松露饅頭」を手みやげにしました。



temiyage0222.JPG


重量感ある箱の中には、松葉の模様の紙に包まれたお菓子がぎっしり。
包み紙を開けると、まん丸くて、きれいな焼き色のお饅頭が出てきます。



temiyage0223.JPG


松露饅頭の名前の由来は、「まつやにのこと?」なんて思ってましたが、
調べてみると、”松露”というきのこに姿かたちが似ているから付いたとのこと。
なるほど、たしかにそっくり。



temiyage0224.JPG


直径3cmくらいのお饅頭は、外側の皮はカステラ地。
たこ焼き器のような鉄板でくるくる焼いて作るそうで、
焼いた跡の線が地球儀の緯度のように付いていて、なんだか面白い。
食べてみると、カステラ地は極薄。そして中には
優しい味わいのこしあんがたっぷり入っています。
こしあんだけ食べると、砂糖の他に蜜なども入っているので
けっこう甘いのですが、カステラの香ばしさと舌触りがそれを和らげ、
口の中でいい塩梅に仕上がる。
1個食べると「もう一個、いこうかな」と
ついつい食べてしまう美味しさです。

このお饅頭をいただきながら、なぜか伊勢丹鈴懸の苺大福を思い出しました。
九州の和菓子の餡ってやっぱり、色がうすむらさきで優しい味のこしあんなんですね。
大好きになってしまいました。




大原松露饅頭








ラベル:饅頭 あんこ
posted by ぽぽんが at 22:11| 東京 ☀| Comment(0) | 新宿・四谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

金沢・美福の、どら焼き「加賀棒茶&豆乳」

またまた知人に頂きました。
金沢・美福のお菓子。しかも、またまたどら焼き。
日本って、どら焼きがものすごく出回っているんですね。^^



temiyage0219.JPG


今回のどら焼きは、ちょっと変わっていて、加賀棒茶入り。
生地もかなり濃いめの茶色です。



temiyage0220.JPG


一口食べてみると、生地から棒茶のよい香り。
餡はしっかりと練った餡で、ほんのりほろ苦い生地との相性がすごくいい。
ちょっと大人のどら焼きといった感じ。



temiyage0221.JPG


頂いてから少し日が経ってしまったので、食べた時は少し生地がパサついていたのですが、
本来はもっとしっとりしていると思います。

調べてみると、このお店はいろいろ工夫したどら焼きを
販売しているんですね。
ほかの味もぜひ食べてみたいと思っています。




御菓子処 美福




posted by ぽぽんが at 22:49| 東京 ☀| Comment(0) | 北海道・東北・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。