2014年02月26日

新宿ルミネ1の、ドミニク・サブロン「ブルボンバニラの芳醇プリン」


temiyage0276.JPG



とろんとしたデザートが食べたくなって、
新宿ルミネ1へ。
ドミニク・サブロンでプリンを買いました。
(新宿ルミネ1店は閉店しました)


temiyage0277.JPG


ブルボンバニラって、どういうの?
そう期待ながら、さっそくデザートタイム。
ふたをはずすと、表面にはバニラの黒いつぶつぶ。
オレンジ色に近いプリンは、いかにも”味わい濃厚”といった感じです。



temiyage0278.JPG


さて、一口。
ん? このバニラ、不思議な香り。かなり、外国っぽい香りです。
ただ、いったん口に入れてしまえば、香りはそれほど気になりません。
というのは、プリンの味わいが濃厚だから。
どちらかというと、アイスクリームのレディボーデンに近い、
卵たっぷりの味わいです。

プリンの固さも、ふるふるっとしたタイプではなく、
とろんとして、スプーンの上で形がくずれるタイプ。
好きずきでしょうが、私はもう少し、
さっぱりとして、カラメルたっぷりのほうが好きかもしれません。

濃厚プリンがお好きな方にはおすすめです。




関連記事
新宿ルミネ1の、ドミニク・サブロン マルシェ・エ・カフェ 「シュー・アレジア」




Dominique SAIBRON














ラベル:プリン
posted by ぽぽんが at 23:28| 東京 ☀| Comment(0) | 新宿・四谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

京都・小倉山荘の「小倉名月」

知人から頂いた、「小倉名月」。
京都の老舗煎餅やさんのおかきなんだとか。



temiyage0274.JPG


中には2種類の揚げせんべい。
”甘醤油仕立て”と、”うす塩仕立て”。
頂いてみると、さっくりサクサクと軽いおせんべい。
正直、『歌舞伎揚げ』などの揚げせんべいは、
油っぽさが気になって苦手意識が強いのですが、
小倉名月はそれがありません。
あっさりしていて、揚げせんべいならではのコクもあって、おいしい。



temiyage0275.JPG



うす塩仕立ては、ほんのり塩っぽく、
甘醤油仕立ては、その名の通り、甘みがちょっぴりプラスされた味わい。
でも、どちらも味付けはそれほど濃くないので、
食べ続けても喉が塩っぽくなりません。
また、揚げせんべいにありがちな「ボリボリ」とした
硬さがないので,歯が弱くなったお年寄りでもおいしく頂けそう。
お茶請けにおすすめです。




小倉山荘







ラベル:せんべい おかき
posted by ぽぽんが at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | 近畿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

大丸東京店の、銀座の職人・森 幸四郎「どらやき」


幻の味と言われた江戸時代の「五三カステラ」を復元した功績により、
農林水産大臣賞(フードマイスター)を受賞したという森幸四郎。
昭和27年から半世紀もの間、文明堂でカステラを焼き続け、
その味わいは絶品!ということで、
大丸東京店で買ってきました。
、、、、、といっても、カステラは高かったので、
まずは手始めに、どらやきです。たはは。



temiyage0270.JPG


さて、外装は、御菓子なのに、真っ黒い包装紙。
あまり見ない形です。プレミアムを感じます。
そして、包みのはじに小さく「文明堂」。
個人名でブランドを持っても、
ちゃんと文明堂が応援しているんですね。


temiyage0271.JPG



temiyage0272.JPG




どらやきを取り出してみると、厚みはそれほどではありませんが、
(以前アップした、うさぎやのボリュームはすごかった!)
持っただけでわかる、ものすごいフワフワ感。
期待が膨らみます。

さて、いよいよ頂きます!
皮はものすごくふっくら。
普通、どらやきの皮って、気泡が多くてボコボコした印象ですが、
ケーキのスポンジのようなきめの細かさ。しかも、
味わいは決して洋風ではなく、
和風の、どこか香ばしさを感じるやわらかな味わいです。



temiyage0273.JPG



そして、驚いたのが、独特の風味。
口に含むと、ニッキのような不思議な味わいがほのかにします。
しかし、ニッキは入っておらず、清酒やみりん、和三盆糖などが
あわさって醸しだしている風味なのでしょう。
これがどらやきにオリジナリティを与え、
しっとりやわらかな粒餡、ふんわりした皮、ちょうどいい塩梅の甘さとあいまって、
えも言われぬ美味しさを生み出しています。
あー💓、おいしい🎵
こんなどらやきは、初めて。

甘いのですが、さらっとしているので、
1度に2個はいけちゃいます。
今度はカステラも、ぜひ頂こうと思っています。
森幸四郎さん、ごちそうさまでした。




銀座の職人 森 幸四郎









ラベル:どら焼き あんこ
posted by ぽぽんが at 21:07| 東京 ☁| Comment(0) | 東京駅・丸の内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。