2014年08月31日

新宿伊勢丹、仙太郎の「黒豆大福」

瑞穂のお大福が食べたくなって、
でも、原宿までは足を伸ばせず、
「そうだ、金曜日の伊勢丹には、瑞穂のお大福が入荷している!」と伊勢丹へ。
しかし、すでに売り切れ。
かわりのものを、、、と探しましたが、
意外と百貨店でお大福を探すのって難しいんですよね。
そういうことで、ぼた餅でお気に入りの仙太郎で
黒豆大福を手みやげにしてみました。

どちらかというと小振りで、お餅が透き通った感のあるお大福。
この透明感は、もしかして、砂糖入りのお餅、、、?
いえいえ、仙太郎はきちんとしっかりしたお餅のはず、と
一口頬張りました。



temiyage0370.JPG



ふんわりくねりんと、とっても柔らかなお餅の中に、
塩気の感じる黒豆。
適度な歯ごたえと柔らかさで、美味しい黒豆です。
そして、中の餡はこしあん。
上品なこしあんで、柔らかなお餅とよく合う。
ですがですが、しっかりしたお餅好きの私には、
この柔らかすぎるお餅は、物足りません。
時間がたって少し固くなったとしても、
本物のお餅を使ったお大福が好き!という人って、
結構いるのに、和菓子屋さんはそれを分かっていないのではないでしょうか。

とはいえ、そこは仙太郎なので、普通に美味しいお大福です。
仙太郎さん、点数辛くてごめんなさい。
 
@200円(税別)




関連記事
新宿伊勢丹、仙太郎の「ぼた餅」「朝つき あぶりもち」
新宿伊勢丹、仙太郎の「やきいも」「柚田舎」




仙太郎








ラベル:あんこ 大福 黒豆
posted by ぽぽんが at 19:38| 東京 ☁| Comment(0) | 新宿・四谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

新宿小田急、たねやの「杏仁豆腐」(ブルーベリー、小豆、黒糖)

新宿小田急のたねやに行ってみたら、
新宿店限定で杏仁豆腐が売られていました。
しかも、3種類。
当日は、残暑厳しく、うだるような暑さ。
涼しげな姿にフラッときてしまい、
3種類全部、手みやげにしてしまいました。ひゃあ。


temiyage0365.JPG



さて、自宅で夕ご飯のあとデザートタイムです。
3種類とも、カップに入った杏仁豆腐は同じ味で、
その上にブルーベリー、小豆、黒糖をそれぞれトッピングして頂くスタイルです。


temiyage0366.JPG



temiyage0367.JPG


まず始めは、ブルーベリー。
果実の食感をそのまま残した、ジャムのような粘度のあるブルーベリーソース。
スプーンですくって口に入れると、
甘酸っぱいブルーベリーと香り高いつるんとした杏仁豆腐、それぞれの異なる風味が、
喧嘩することなく口の中で混じり合い、なんとも不思議な香りと味わいを奏でます。
う〜ん、これは新しい美味しさ。
とても爽やかで、身体の内側から浄化されるような感じがしました。


temiyage0368.JPG


お次ぎは小豆。
杏仁豆腐と小豆もまた、珍しい組み合わせではないでしょうか。
小豆餡はしっかりと練った粒餡。
杏仁豆腐との割合を考えつつ、スプーンで少しづつすくいながら頂きました。
正直、日本の餡と、中国の杏仁豆腐と合うのかな?と
思いましたが、なぜかこのふたつが結びつくと、
杏仁豆腐が一気にミルクかんのように感じだすから不思議です。
小豆の香りで杏仁豆腐の独特の癖が弱まり、
さらりと美味しく頂けました。


temiyage0369.JPG


最後は、黒糖。
液状で、量もけっこうあります。
さすが波照間産、しっかり甘く、辛みも、独特のアクの強さもある黒糖ですが、
これがまた、杏仁豆腐ととてもあいます。
杏仁豆腐って、薬っぽいような不思議な香気がありますが、
これが黒糖の香りを際立たせ、黒糖もまた杏仁の香りを引き立てます。

3種とも、いただくと、すーーっと身体の中から熱をとってくれ、
きれいになる感じ。
夏の疲れた胃と身体と、甘みを欲しがる舌にぴったりのデザートでした。
ごちそうさま。

確か、小豆と黒糖が@432円、
ブルーベリーのみ@464円(それぞれ税込み)




関連記事
新宿小田急の、たねや「焼き草餅」
小田急百貨店 新宿の、たねや「さくら餅」「草もち」



たねや





〈たねや〉のどこし一番 本生水羊羹 ふくみ天秤詰合せFN32FN32【RCP】_Y140617200006_0_0_0 - 近鉄百貨店
〈たねや〉のどこし一番 本生水羊羹 ふくみ天秤詰合せFN32FN32【RCP】_Y140617200006_0_0_0 - 近鉄百貨店




posted by ぽぽんが at 22:31| 東京 ☀| Comment(0) | 新宿・四谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

東京駅エキナカの、スイーツアトリエTOKYOの畑から「伝承スウィートポテト」

「東京産の紅あずまだけを使って作った」との
宣伝文句に誘われて、今日の手みやげは
スイーツアトリエの「伝承スウィートポテト」。
スイーツアトリエとは、5社共同でJR東日本を中心に店舗展開しているお店だそう。



temiyage0362.JPG



袋を開けてみると、
出てきたスウィートポテトはしっとりとしていて、香りが濃厚。
さぞかしお味も濃厚??
そう思って食べてみると、
おや? ものすごくさっぱりしています。



temiyage0363.JPG



さつまいもの粒感があり、風味もあり、
配合しているバターと、チーズの香り、どれもが
味わいがクリアに感じられるのですが、とにかくさっぱり。
とても不思議な感じです。
この淡白な後味は、さつまいもの他に白いんげんを使っているため?
とにかく、拍子抜けするほどの淡白さです。



temiyage0364.JPG



甘みは、和三盆を使っているため、品が良く、やさしい。
美味しいのですが、なんというか、ヘルシーケーキのようなお菓子。
ほっこりと濃厚なスウィートポテトを期待している人には物足りないかもしれません。

@270円(税込み)





sweets atelier TOKYOの畑から




posted by ぽぽんが at 22:06| 東京 ☁| Comment(0) | 東京駅・丸の内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。