2016年02月27日

ホテルオークラの、「ビスキュイ・サンド」


temiyage0671.JPG


いただきものの「ビスキュイ・サンド」。
箱を開けると、プレートとショコラ、2種のお菓子が交互に10枚、
重なっています。




temiyage0672.JPG



ふんわりした厚みがあるので、「ビスキュイといいながらも
柔らかな焼き菓子かな?」と思ったのですが、
個包装の袋から出すと、ちゃんと、サクサクに焼き上げたビスキュイ。
薄手の2枚のビスキュイに、軽めのクリームが挟んであります。



temiyage0673.JPG



プレーンは、ラングドシャクッキーに近い味わい。
小麦粉やバター、卵といった素材の良さを感じられ、
挟んであるクリームもクセがなく食べやすい。
ショコラは、ほんのりほろ苦い感じで、こちらも美味しい。

どちらも、さくさくさくっとしたビスキュイの歯触りが、
クリーム部分になると少し重い抵抗が加わり、
味わいにも滑らかさとコクがプラスされ、その変化がまた楽しい。

紅茶、コーヒー、日本茶、なんにでも合うお菓子でした。
ごちそうさま。











ラベル:クッキー
posted by ぽぽんが at 21:46| 東京 ☀| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

新宿伊勢丹、ノア・ドゥ・ブールの「ショコラ・レジェ」「フレーズ・シャンティ」

焼きたてフィナンシェがめちゃくちゃ美味しい、
新宿伊勢丹のノア・ドゥ・ブール。
シュークリームを初めとする生菓子も美味しいので、
今回は別の生菓子に挑戦してみました。
チョコレートたっぷりの「ショコラ・レジェ」と雪のように真っ白い「フレーズ・シャンティ」です。



temiyage0670.JPG



まずは、「ショコラ・レジェ」。
ビターなチョコレートでコーティングされたケーキにフォークを入れると、
中はチョコレートのスポンジ。
3枚重なっていて、下の2枚の間には生チョコレートクリーム、
上の2枚の間には生クリームをはさんでいます。
固いのかと思ってフォークをいれると、
チョコレートがフォークのかたちにふにゃんとなり、
全体も弾力があり、
なんというか、ロールケーキを食べるような、そんな感覚です。
クラシックな味わいで、コクとまろやかさがありますが、
少しべたっとした感じが強いかな?
もう少し、パリンとした、チョコレートっぽいところがあってもいい気がしました。



temiyage0669.JPG



もう一方の、「フレーズ・シャンティ」。
生クリームが雪の様にふんわりたっぷりかかったショートケーキです。
丸くくりぬいたスポンジ3枚の間にスライスした苺をはさみ、
その上から生クリームがかけられています。
ただこのケーキ、見た目はものすごくきれいなのですが、
食べてみると、あれれ?
なんか、単なるショートケーキの手抜版?
2カ所に飾れている苺のコンフィみたいなものは美味しいですが、
これならきちんとつくったショートケーキのほうが、
ずっと満足度が高い。
う〜ん、、、、、、。

他の商品がおいしいだけに期待大だったのですが、
次回はもう少し手間ひまかけたケーキを食べてみたいです。



ショコラ・レジェ=594円
フレーズ・シャンティ=648円(ともに税込み)





ノワ・ドゥ・ブール




ラベル:ケーキ
posted by ぽぽんが at 23:06| 東京 ☁| Comment(0) | 新宿・四谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。