2017年04月09日

ルタオの「ドゥーブルフロマージュ」

このブログのほぼ最初のほうで取り上げた、北海道のルタオ。
そのお店のイチオシ商品「ドゥーブルフロマージュ」を食べる機会に
やっと恵まれました。



temiyage0983.JPG



木でできた外装に、冷凍状態で入っていて、
解凍していただくタイプ。
外装を開けると、5号くらいの大きさのチーズケーキがペーパーに包まれて入っています。



temiyage0984.JPG



レアチーズケーキとベイクドチーズケーキの2層立て。
ふんわりしたそぼろを全体にまとっていて、
とても優しい雰囲気。
口にするとまず、チーズのような、スポンジのようなそぼろがふわっと溶け、
次に上の層のレアチーズが、ふんわりとムースに近い食感で舌に感じられて、
ミルクの味わいが口いっぱいにひろがります。まるでミルクプリンのよう。



temiyage0985.JPG



でも、これだけだと、牛乳っぽさがあまり好きでない私などは「うう」となるのですが、
そこに2層目のベイクドチーズケーキの濃厚な味わいががつんときます。
食感も上の層のレアチーズとはまるで違い、重い舌触り。
これによりチーズの風味が一気に深まり
素晴しい味わい。
上品で、食べやすくて、すいすい口に運んでしまいます。

う〜ん、これは人気のはず。
冷凍でこれだけ美味しいのですから、
できたてはさぞかし美味しいのでしょうね。
北海道では作りたても売っているのでしょうか。
一度頂いてみたいです。




関連記事
東京駅のエキナカ、ルタオの「まあある」




ルタオ(LeTAO)









ラベル:チーズケーキ
posted by ぽぽんが at 01:33| 東京 🌁| Comment(0) | 新宿・四谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

新宿伊勢丹、KIHACHIの「キハチトライフルロール」「苺のティラミス」

新宿伊勢丹のKIHACHIで、ケーキを買ってきました。
KIHACHIの王道、「キハチトライフルロール」と、
春らしい「苺のティラミス」です。


まずは、「キハチトライフルロール」。
しっとりしたロールケーキの中には、マンゴー、苺、バナナ、キウイ。
たっぷりのフルーツを生クリームとカスタードクリームが包み、
薄めのスポンジで巻いてあります。



temiyage0677.JPG



さて、一口頂いてみました。
あれれ?
見た目の華やかさに比べ、味はちょっと、普通?
スポンジにクリームの水分が染みているため、
内側のスポンジはべたっとした食感。
味も、フルーツのシロップが全体に回ったような、いっしょくたな印象で変化がなく、
ケーキというより、クレープのようです。
う〜ん、、、ちょっと期待はずれ?もう少しシンプルな味わいでも良い気がしました。

お次は「苺のティラミス」です。
透明なカップの中に、ココアのスポンジ生地と生クリーム、
チーズクリーム、ナッツがごろんと入ったクッキーを重ね、
スライスした苺をトッピングしてあります。



temiyage0678.JPG



さて、お味は、甘みを抑えていて、けっこうビター。
クッキー部分はクリームの水分を吸ってスポンジのようにしっとり。
しかもナッツの香ばしさや食感はそのまま残り、アクセントになっています。
あまりチーズっぽさはありませんが、
ココアの苦みと、クリームの甘さ、苺の酸味が一体となり、
調和のとれたケーキに仕上がっていました。

キハチトライフルロール@562円
苺のティラミス@584円(ともに税込み)





Patisserie KIHACHI






ラベル:フルーツ ケーキ
posted by ぽぽんが at 23:27| 東京 ☀| Comment(0) | 新宿・四谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

新宿伊勢丹、仙太郎の「ふと餅」「桜ぼた餅」

春分の日、混み合う伊勢丹のB1で、仙太郎の生菓子を買ってきました。
きれいな草色のお餅「ふと餅」と新宿伊勢丹限定の「桜ぼた餅」です。



temiyage0674.JPG



箱を開くと、うすピンクと緑色で、とっても春らしい色合わせ。



temiyage0675.JPG



まずは、「ふと餅」。
厚みがあるお餅は、弾力があり、まさにつきたて。
よもぎをたっぷり入れているようで、
草の香りが「ああ、春だな」という感じ。
粒を残して炊いたこっくりと甘い餡と、よもぎ餅の弾むような食感・ほんのりとした苦みが、
口の中で混じり合い、素晴らしい美味しさです。
小さいけれども、満足感たっぷりのお餅でした。



temiyage0676.JPG



お次、「桜ぼた餅」。
塩漬けの桜葉を細かく刻み、餅米に混ぜて、
その餅米で粒あんを包み込んでいます。
お箸で一口大にしようとすると、すご粘り気。
桜葉を混ぜ込む間に、お米の粘り気がでてしまうのでしょうか。
なので、口にいれると、ぬるっとした粘り気がちょっと気になる、、、。
ただ、桜の香りは素晴らしく、粒あんとのハーモニーも絶妙。
粘り気が気にならない方には、
「大きく食べごたえのある桜餅」と大好評でした。


ふと餅@220円
桜ぼた餅@260円(ともに税別)





仙太郎




ラベル:あんこ
posted by ぽぽんが at 21:58| 東京 ☁| Comment(0) | 新宿・四谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。